文化施設, 日本語, 旭川市

養蚕民家

解説

旭山動物園から約10キロの場所にある東旭川町瑞穂地区。そこに建てられている寄棟 造りのカヤ葺き屋根の建物が、市の指定文化財「養蚕民家」です。明治31年、養蚕の盛んだった福島県から入植した人たちが、この地区に野桑が多いことに着目してこの地で養蚕を行い、明治末期から大正初めには、旭川は全道屈指の養蚕地として知られてい ました。この建物は明治42年、郷里の福島地方の養蚕民家を模して建てられたもので、現在では道内はもちろん郷里福島にも見られないほどの原型を保っており、上川開拓にかかわる資料として貴重なものです。平成2年に一度解体され、翌年復元されました。

住所
旭川市東旭川町瑞穂1576-1
電話番号
0166-25-7558(旭川市教育委員会)
周辺MAP
[mw-google-maps]