文化施設, 日本語, 旭川市

川村カ子トアイヌ記念館

解説

上川地方を代表する旧家として知られる川村家第8代川村カ子ト氏が、生前アイヌ民族文化の正しい伝承を目的として大正5年に作った北海道最古の資料館。アイヌ文化の習慣を伝える生活用具など貴重な資料が数多く展示されています。また,測量技師時代の測量機材や資料も展示しており,川村カ子ト氏が測量技師として多く の業績を残したことを垣間見ることができます。屋外には,ササを茸いたチセ(アイヌ語で家の意味)があり,チセでのアイヌの生活が体感できます。他にも,ユネスコ世界無形文化遺産にも認定されたアイヌ古式舞踊の実演や民族楽器のムックル製作なども体験できます。

住所
旭川市北門町11丁目
電話番号
0166-51-2461
周辺MAP
[mw-google-maps]