史跡・詩碑, 日本語, 旭川市

上川郡農作試験所事務所棟

解説

明治時代に北海道庁により建設された、農作試験所事務所。明治19年(1886年)、内陸開発の拠点として道庁が上川を選定したこと により、岩見沢と忠別太を結ぶ上川道路(現国道12号)の建設がはじまり、 同時に農業の適正を見極めるため農作試験所が建てられました。これが上川郡農作試験所事務所です。その後上川道路には沿線に5つの駅逓(第一美英舎~第五美英舎)が設置され、明治22年(1889年)この建物も駅逓として転用され、明治36年の廃止に至るまで開拓期の人や物資の流通、通信に大きな役割を果たしました。昭和41年上川地方最古の建物として旭川市文化財に指定され、今でも上川地方に現存する最古の建物となっています。

住所
旭川市神居1条1丁目1-30
電話番号
0166-25-7558 (旭川市教育委員会 社会教育部 文化振興課)
周辺MAP