史跡・詩碑, 日本語, 旭川市

史跡 上川離宮予定地

解説

明治時代、残念にも幻に終わった上川離宮計画の予定地を示す史跡。
まだ入植者も数えるほどだった明治22年、上川を視察した北海道長官 永山武四郎が「北京を北海道に設置して人心を北に」と、上川離宮造営 地設定の意見書を提出したことに端を発する上川離宮計画は、「上川に北京を」という明治の初期に北海道の開発を担当した首脳者たちの悲願でした。
やがて離宮予定地として美瑛川と忠別川の間の小高い丘である神楽岡が選ばれたのですが、札幌方面からこれに対する大反対の声が おこり、この計画はついに日の目を見ることなく、歴史の中に埋没してし まいました。
予定地跡には、永山武四郎が離宮計画を決定した内閣の宣達文を自書し これを記した「上川離宮宣達書碑」と、永山武四郎が天皇の行幸を仰い で詠んだ「永山将軍歌碑」が立っています。

住所
旭川市神楽岡公園上川神社
周辺MAP