日本語, 旭川市

銀座商店街仲見世通り(15丁目市場)

解説

昔から旭川の庶民の台所といわれた商店街。昔の面影を残しながら、今もなお人情味ある風情で多くの市民に親しまれています。 中心的存在の15丁目市場には、所狭しと置かれた新鮮な魚介類や野菜のなか活気あ る声が飛び交い、週末には市中から多くの市民が買物に訪れ、大いに賑わいます。平成13年(2001年)には旭川銀座商店街のリニューアル工事完成し、弁天神社、 七福神をシンボルとする仲見世風に生まれ変わりました。また平成14年(2002年)には食店9店舗が出店する『まんだら横丁』が完成。古きよき面影を残しながら、下 町の温かさを持った街並みが新しい魅力を与えてくれます。夏にはさまざまな祭りが ここで開催され、多くの市民が参加します。

住所
旭川市1~4条通14・15丁目
周辺MAP