文化施設, 日本語, 旭川市

旭橋

解説

数ある橋の中でも旭川の象徴として、多くの市民に最も敬愛されている橋が、 旭橋です。旭川には石狩川、牛朱別川、忠別川など大小130もの川が流れ、750以上の橋が架かっています。そのため旭川は「川と橋の街」ともいわれて います。そんな数ある橋の中で、旭橋は旭川のシンボルとして多くの市民に親しまれてきました。 完成は昭和7年(1932年)11月、当時、市の南北を結ぶ重要な交通路としてドイツ から輸入した鋼で作られました。橋長225.4m、幅員18.3mの美しいアーチ橋で、 昭和31年までは市内電車もこの橋の上を走っていました。かつて北海道三大名橋とうたわれた歴史を感じさせるその姿は、アーチ橋のカーブ が美しく、夕日の残像、冬の川霧など様々な表情を見せてくれます。中でも夕日の残照に映える旭橋はまるで1枚の絵のようです。 平成16年には「北海道遺産」に認定されました。

住所
旭川市常盤通3丁目~本町1丁目
周辺MAP